成婚率トップ仲人士がリアルに教える結婚相談所ブログ

ナココン情報館でスーパー仲人士が情報発信する理由

こんにちは。
仲人士の村上れ以子です。

婚活や結婚相談所に興味がある方に、より深くよりリアルな情報を提供させていただきたくて、ブログを再開します。

このブログを運営するのは「仲人・婚活倶楽部」のスタッフです。
「仲人・婚活倶楽部」とは、全国で成婚率が高い3人のスーパー仲人士のひとり(東日本では唯一)である村上れ以子と、複数のスタッフが運営する結婚相談所です。
2013年から連続で、日本仲人協会において成婚最優秀賞をいただいています。

「仲人・婚活倶楽部」では2016年時点で
退会会員の3人に2人が成婚退会されています。
また、
成婚率は通常の結婚相談所(情報センターも含む)の約8倍です。
どちらも、業界では驚くべき高い数字と自負しています。

なぜ、「仲人・婚活倶楽部」の会員は、これほど成婚率が高いのでしょうか。

その理由は、いくつかあります。
いくつか挙げると、
・ほかの相談所と比べて出会える数が多いこと。
(1年で100人以上とお見合いしたという方もいらっしゃいます)
・村上の持つメソッドとカウンセリング力で、活動する方が結婚する意識になって活動をスタートされていること。
・キャリアがあり親身なスタッフが婚活をサポートすること。
など、羅列したらきりがありません。

ただ残念なのは、こういった「成婚率を上げる方法」が、まだまだ世間一般に知られていないということです。
多くの結婚相談所がありますが、成婚率を上げるための行動を会員に教えていないところもあります。
けっこう多くの方が、「それじゃ無理(出会えない)でしょー」という方法で婚活をしていらっしゃるという現状があります。

合理的な考えで、悩んだり立ち止まったりせず、シンプルに婚活していただけたら、もっともっと多くの方がお相手と出会えます。
「仲人・婚活倶楽部」では20代から60代まで、どの年代の方も、成婚をされています。

「仲人・婚活倶楽部」で婚活をしていただけたら解決するのですが、場所的な問題やお付き合いの関係上、それがかなわない方もいらっしゃるでしょう。

そこで「仲人・婚活倶楽部」では、成婚にいたるためにするべき行動や知識、実際に成婚退会した元会員のインタビューなどを、婚活の情報として発信させていただきます。

ご自身の婚活内容や考え方を振り返ってみて、「だから出会えなかったんだ」「こうすれば出会えるんだと思っていただけたらいいな、と思います。

スーパー仲人士・村上れ以子とは

村上れ以子は、杉並区立井荻中学校から慶應義塾女子高等学校を経て、慶應義塾大法学部政治学科に進みました。
3年からは、ラテンアメリカを研究するゼミに入りましたが、勉強はさほどせず・・・(^^;)
体育会女子バスケットボール部で選手でしたので、多くの時間を、日吉の記念館で過ごしました。

卒業後、最初の就職は鐘紡株式会社。
当時、鐘紡はファッション事業本部でクリスチャンディオールとライセンス契約をしていて、プレタポルテやディオールスポーツなどで様々なアイテムを生産販売していました。
私は洋品部に配属され、ストッキングとソックス担当のMD(マーチャンダイザー)アシスタントとして、3年3か月、勤務しました。
同期や上司にも恵まれ、バブルを謳歌(いっぱい合コン)していました。
仕切った合コンで多くのカップルが生まれ、結婚したのは、後に仲人士になる私の未来を示唆していたのかもしれませんね。

3年ほど経つと、プライベートで変化がありました。簡単に書くと「別れ」があり、自分が結婚するという未来が見えなくなったのです。
鐘紡は楽しくて好きでしたが、また結婚しても働きやすい職場でしたが、仕事としては、私のやりたいことではないな・・・と思っていたところでした。
一念発起して、上司に「会社を辞めたいと思います」と相談。
「辞めて何がやりたいんだ?」という上司に、なぜかこう言っていたんです。
「何か、ものが書きたいんです」

そこからご縁があって、25歳でサンケイスポーツの契約ライターに。1年後に試験を受けて、正式に新聞記者となりました。
配属はサンケイスポーツ運動2部。
野球以外のアマチュアスポーツ担当として約17年、テニスやゴルフ、オリンピックなどを取材させていただきました。

テニスでは伊達公子さんが準決勝に、松岡修造さんがベスト8に進んだときにウインブルドンで取材をさせていただいたり、ゴルフではマスターズや全米女子オープンなど多くのアメリカの試合に行かせていただきました。
夏季五輪ではアトランタ大会、冬季五輪の長野大会も全ての日程を現場で走り回っていました。
スポーツにはドラマがあり、笑う人がいれば泣く人もいて。
普通だったら会えないトップ選手から話を聞けたり、食事をご一緒したり、相談を受けたり。
刺激的で、本当に面白い日々でした。

1999年に今でいう「婚活」をして、2000年に結婚。
その年、サンケイスポーツから産経新聞に異動になりました。
産経新聞ではゴルフやテニスの取材を引き続きさせていただき、デスク業や、ウエブへの出稿などの経験もさせていただきました。

2002年に長女を、2006年に長男を出産し、母となっても産経新聞で働いていました。
ただ2008年に長女が小学校に上がるタイミングで、退社しました。
長女が通うことになった小学校が親の仕事が多く、それが楽しそうだったので。
会社が早期退職者を募ったことも、私の背中を押してくれました。

1年ほど“母親業”をしつつ、仕事も模索していたところ、登録していたメルマガで、ある結婚情報サービスセンターのフランチャイズを募集していることを知りました。
「こういう仕事もあるんだ」
そのフランチャイズと、結婚相談所を束ねる団体1つ、そして日本仲人協会の話を聞き、日本仲人協会に加盟を決めました。
日本仲人協会の中西圭司理事長が話された、「最初は安価で」「親切丁寧でも先生のように指導する」「誰でも結婚相談所(仲人)を気軽に利用できるように」という理念に共感したからです。

日本仲人協会に加盟して役1年後、先輩仲人から頼まれて、先輩仲人の会員のお世話を1年ほどさせていただきました。
これが私の仲人としての修行だったと思います。多くの経験を積み、学ばせていただきました。

2017年で、私は仲人になって8年目。
2013年から成婚最優秀賞を連続していただき、成婚率も全国3傑(東日本では1人)で中西理事長から「スーパー仲人士」と名乗ることを許可していただきました。
今年もたくさんの成婚報告を受けています。

大学卒業してMDアシスタントから新聞記者になり、辞めて仲人に。
まるで一貫性がなく、行き当たりばったりのような私の職歴ですが、1つだけブレていないことがあります。
それは、「興味があったら、行動してみる」ということです。

50歳代になった今も、私にとって、過去より現在が最高に楽しい!
年配になったら「昔は良かったのー」なーんて思うのかな?と思っていましたが、全然そんなことはありません!

想像できる未来じゃつまらない!
現状維持では、このまま衰退していくだけ!!

自分の知らない未来にこそ、自分の知らない楽しみや喜びがあるんです!

だから皆さんにも、ぜひ行動していただきたいです。

このブログを読んでいただいているあなたは、婚活に興味があるか、仲人という仕事に興味があるか、どちらかではないですか?
どちらでもいいです。
興味があることは、やってみればいい!

そのために、私・村上れ以子は、あなたが行動するためのハードルを思いっきり下げちゃいます!
婚活に興味ある方、「仲人・婚活倶楽部」での婚活は、驚くほど安価です。
仲人という仕事に興味ある方、村上の紹介で日本仲人協会に加盟すると、初期費用がほぼいりません。
リスクは限りなく少ないです。

だから、
気になるなら、興味があるなら、行動しましょ。
行動したから、仲が良い家族と楽しい仕事、どちらも手にしているのだと私は思っています(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆

著書:子どもの結婚は親の接し方で9割決まる~スーパー仲人士が教える子どもの婚活サポート5つのルール(東京書店)

 

子どもの結婚は親の接し方で9割決まる~スーパー仲人士が教える 子どもの婚活サポート5つのルール

ご購入はここをクリック(アマゾン)

女性自身(光文社)シリーズ人間「私は“結婚難民”請負人!」

 

ナココン情報館のお約束

ナココン情報館では、どの婚活ブログより、リアルな婚活の現状を情報として発信していくつもりです。

仲人・婚活倶楽部は、結婚相談所である限り、全ての会員の成婚(婚活で結婚相手と出会うこと)を目指しています。
村上れ以子もスタッフも、その目標を常に頭において、日々過ごしています。

だから、成婚退会の報告や、順調な交際報告が続いている報告は、仲人として、とても嬉しいことです。
良い成果が出るのは
・どのような写真だとお申し込みしてもらいやすい
・どのようなお申し込みをすればお見合いが組みやすい
・お見合いでどんな話をすれば交際になりやすい
・交際中にどこに注意すれば成婚にいたりやすい
など、仲人・婚活倶楽部のスタッフがプロとして検証し、会員にノウハウを伝え、できる限り実践していただいているからです。

だけど、一方で出会えなかった方も確実にいらっしゃる。
成婚以外で退会される方がいるのも事実です。

だから、他の仲人(結婚相談所)による婚活ブログのように、
良い成婚結果だけを並べ、
楽しいイベントの報告をし、
美辞麗句を連ねるだけ、
なんてことは、「いたしません!」(ドクターXかっ)

婚活は楽しいものだと仲人・婚活倶楽部では考えておりますし、良い結果もたくさんうまれています。
一方で、「つらい」「しんどい」という声もあります。
それは、婚活という行動が、単に相手を探す作業だけではなく、これまでの自分と向き合い、時として自分を変えていかなければいけないものだからです。

婚活することで、自分自身が今まで目をそらしてきた“何か”に目を向け、感情を掘り起こされる。
だから、つらいんです。しんどいと感じるんです。
楽しく綺麗なことだけではない、そういう現実も書きます。

でも、心配しないでください。
何でも、変わるときはしんどいです。
でもその先、変わった後には前向きな未来があるんです。
婚活で自分と向き合い、ときとして変化するプロセスの先に、心から信頼できる方との出会いがあり、結婚があるんです。

これから婚活を考える方に期待させるだけさせておいて、「こんなはずじゃなかった」と思っていただきたくないから、
思い通りにならない少しの事実だけを悲観して、婚活を途中でやめてほしくないから、
誠意を持って情報発信していくつもりです。

どうぞナココン情報館を参考にして、ご自身を見つめ、変わるべきところは変わり、結婚という未来をご自身で選び取ってください。

何年か後、取り返しがつかなくなってから「あのとき何かしておけばよかった」という後悔を味わうことがないように。

行動して、多くの幸せをつかんできた村上だから、あなたの行動の先にも幸せへの道があると信じ、応援します。

「仲人・婚活倶楽部」で活動したい方は

現在は村上の個別面談のみ受け付けています。
さらに安価なコースは10月までにはリリースできると思います。少しお待ちください。

 ↓

個別面談お申し込みはこちらから