親の婚活|お子さんだからこそズケズケ責めては致命的

はじめまして。
ディレクター兼シニア・マネジャーの竹内です。

私、竹内は親御さんの婚活について書かせていただきますね。

親御さんがお子さんのことを心配なさって、いろいろとおっしゃりたい気持ちはわかります。
ただ・・・

お子さんに対して“直球”を投げてはいませんか?

「あなたの年齢のとき、お母さんは・・・」
「○ちゃん(同級生など)は結婚して子どももいて・・・」
「あなたの年齢なら、普通なら・・・」

こういった
【子どもを責める言葉】はNGなんです。


子どもも感情的になって、言い争い、ヒートアップしてケンカになったり、泣いたり。
あげくに意固地になって、いいことひとつもないですよね。


お子さんの気持ちを考えると

「わかっている、だけど親に言われたくない」
「わかっている、だけど痛いところを突かれたくない」

といったところなんですよ。
昔、
「勉強しなさい」
って叱ったら
「今やろうと思ってた」
って逆ギレされませんでしたか?

あの逆ギレと全く同じです。

じゃ、どうしたらいいか・・・
さまざまなケースがありますので、次回から細かくお伝えするつもりです。


親御さんにも相談相手が必要だと、私・竹内は考えています。
お子さんの婚活をご一緒に・・・と考えられましたら、ご相談ください。