結婚相談所の体験談から成婚率トップ仲人士が婚活成功法を教えます

はじめて婚活するあなたへ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

仲人の村上れ以子です。
はじめて婚活するあなたに、メッセージを贈りたいと思います。

「どうやって出会うのかな?」「ちゃんとした人はいるのかな?」「ちょっと恥ずかしいな」「プライバシーは守られるのかな」…
たくさんの不安をお持ちだと思います。

それでは、各々の不安を解消していきましょう!

「どうやって出会うのかな?」

入会されると、写真と個人情報がわからない程度のプロフィールがクローズなデータベースに登録されます。
弊社では現在、日本結婚相談所連盟(株式会社IBJ)のデータベースを利用しています。
IBJでは、大手結婚情報サービスセンター(オーネットなど)のように毎月条件に該当するお相手を数名紹介されるのではなく、希望条件をもとにご自身でプロフィールを検索し、お相手を選んでいただきます。

「誰を選んだらいいかわからない」というときは、担当仲人に相談もできます。
スマホやタブレットでも閲覧できますので、いつでもどこでも好きな時にお相手を探せます。

探したお相手にお見合いを申し込んで受けてもらう、またはお見合いを申し込まれた人にOKのお返事をすることで、お見合いが決定します。
お見合いが決まったら、互いの仲人(結婚相談所)を経由して、2人の都合がいい日時や場所を決めます。
お見合いはホテルのラウンジやカフェで、基本的におふたりで会っていただきます。服装は男性はスーツやシャツにジャケット、女性はワンピースやスカートが無難です。

お見合い当日は、早めに待ち合わせ場所に行って、お相手を探します。
カフェで1時間半ほどお話してください。堅苦しい話ではなく、楽しい話ができたらいいですね。
お茶代は、女性のぶんも男性が支払います。

お見合い翌日までに「もう一度会いたい(交際希望)」か「お断り」かを決め、互いが互いの仲人に報告します。
男女とも「もう一度会いたい(交際希望)」だった場合、交際成立、この日から3カ月程度で相手を知り、結婚相手かどうかを見極めます。
(短いように思うかもしれませんが、実際には交際開始から2〜3カ月で成婚するケースが多いです)

「ちゃんとした人はいるのかな?」

IBJのデータベースに登録するためには、以下の書類を提出することが必要とされています。

  • 独身証明
  • 住所証明(住民票)
  • 年収証明(源泉徴収票、確定申告書など)
  • 学歴証明(卒業証明書)…短大卒以上のかたが必要
  • 職業証明(資格免許など)

年収や学歴など、詐称ができないシステムとなっています。
契約書には「反社会勢力との関わりがないこと」も明記されています。

「ちょっと恥ずかしいな」

リクルートブライダル総研が2022年9月8日にリリースした最新の調査結果によると、2021年の婚姻者のうち、結婚相談所を含む婚活サービスを利用して結婚した人は15.1%。
婚活サービス利用者で恋人ができた割合は、過去4年連続上昇していて、2021年は45.1%と過去最高を記録したそうです。

今や結婚相談所を含む婚活サービスは、出会いのツールのひとつといえるようです。

「プライバシーは守られるのかな」

個人情報は、IBJの個人情報保護方針に基づき取り扱われます。

紹介業なので、個人が特定されない範囲で主に以下が公開されます。
会員ID
住所(都道府県まで)
職業(業種や職種まで)
年収
最終学歴(学校名開示は希望者のみ)
身長体重
など

お見合い相手には相談所を通じて名字を、 交際相手にはフルネームと連絡先を、 IBJシステムを使って伝えます。
IBJは東京証券取引所プライム市場に上場していますので、データ流出やコンプライアンス面でしっかりしています。安心してご利用ください。

いかがですか?
これを読んで、はじめて婚活されるあなたの不安が少しでも解消されたら。嬉しいです(#^.^#)


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナココン情報館 , 2023 All Rights Reserved.